美容と健康は食事から…をテーマに玄米と野菜を美味しくお届けする「養生ごはん 天然食堂 かふぅ」

かふぅのブログ

9月9日重陽の節句

日本ではあまりなじみがなく、ほかの節気に比べると盛り上がりに欠けますが
本日9月9日は5節気の一つ重陽の節句。
陰陽思想では奇数は陽の数とされています。
陽数の極である9がか重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、
それを払うための行事として節句が行われていたのが
陽の重なりを吉祥とする考えに変わり、今では祝い事の節句とされています。
この時期は季節の変わり目でもあるため体に負担も大きく、
菊の花で邪気を払い不老長寿を願うのですが、
菊を食べる習慣はなかなか一般的ではありませんよね。
しかし、菊花は疲れ目・充血・頭痛・のぼせに効くは立派な薬膳素材なのです!
ほのかな苦みには解毒作用もあり、吹き出物や腫れ物にも効くそうです。
食べるのはなかなか…と思われる方には、お茶もございますのでお試しください。
本日の養生ごはんの薬膳小鉢の一品は、小松菜と菊花の塩麹和えです。
9/9
あとは、前回に引き続きタウリンたっぷり疲労回復効果のあるいかに
黒米と高きびを詰めて甘辛く煮込んだいかめし風の一品もご用意してます。
食べ物の力を借りて、柔軟に季節の変化に体を合わせていきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です